『20世紀の人々をかく』展


   

 
August Sanderとは
アウグスト・ザンダー(1876~1964)は、ドイツを代表する写真家のひとりです。第二次世界大戦をはさむ1890年~1950年代、ザンダーは農夫や職人、芸術家など、さまざまな職業の、様々な年齢の人々を撮影しました。ナチス政権下、ザンダーが隠し、守りぬいた写真は、4万枚におよぶそうです。1980年代になって、これらの写真は『20世紀の人々』として写真集にまとめられ、世界的に知られることになりました。

 
 

展示1:こどもの絵と文
こどもたちが描いたザンダーの写真の模写作品(計62点)に、それぞれが書いた文章を添えて展示します。

2015年9月、小学校3年生~6年生のこどもたちがザンダーの『20世紀の人々』の作品から好みの一枚を選び、シンプルに鉛筆だけで模写をしました。さらにモデルになった人物が20世紀ドイツでどのようなことを考えていたかを想像して、彼らの「ことば」を文章にまとめました。写真の人々とまほうの絵ふでに通う小学生は、おそらく100歳以上年齢が離れています。写真をみつめ、模写し、想像することからみえてくること。1世紀という時間を、子供たちが鉛筆でつなぐ展覧会をお楽しみください。

→授業レポートはこちら

 

展示2:20世紀ドイツの景色
中学校3年生〜高校2年生の生徒が描いた、20世紀ドイツの風景画(計6点)を展示します。

2017年4月、ザンダーの写真からモデルの人物がいなくなった状態を想像し、背景を描写しました。鉛筆だけで描かれた大きな画面の前に立って写真を撮影すると…20世紀ドイツにタイムスリップ?!スマホで撮影した写真は、ギャラリー隣接のマッキナフォトでモノクロ写真に加工&プリントのオーダーをすることができます。

 
 
 


20世紀の人々をかく ~アウグスト・ザンダーの写真から~
会期:2017年4月27日(木)~5月6日(土)
   11:00 ~ 19:00
   *4月30日(日)~ 5月1日(月)休廊
会場:D&DEPARTMENT HOKKAIDO GALLERY
住所:札幌市中央区大通西17丁目1−7
入場:無料